読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTRラボ

NZ 日本 自分が気になることやデザインのことなど 1986年産まれ

Architect study #8 二級建築士 過去問 施工02安全・材料管理

 今日は久々に二級建築士の勉強。

 

施工02安全・材料管理。

 

この分野は今NZでやっている施工管理とほぼ同じだろう。。と思ってやってみたら細かい数字や規定など日本とNZでは全く違っていた。。笑

 

結果は10問中6問正解。

これはひどい

勉強あるのみ。100点になるまでやります。

ブログも間を空けず、毎日の継続が大事。

自分に厳しくいきます。

 

以下問題。

 

施工02安全・材料管理

難易度:★★★

結果 6/10

不合格

 

1、

砂は、泥土等が混入しないように周辺地盤より高いところに保管した。

 

  1. ×

 

 

-1 正解  答えはでした。

砂や砂利は、泥土等が混入しないように周辺地盤より高いところに保管する。

 

 

2、

建築現場の登りさん橋の高さが2.1mの場合、その勾配を35度とした。

 

  1. ×

 

-2 残念  答えは × でした。

高さが2m以上の登り桟橋の勾配は30度以下としなければならない。

 

 

 

3、

墜落の危険性がある箇所に、高さ85cmの手すりを設けたが、作業上やむを得なかったので、必要な部分に限って臨時に取りはずした。

 

  1. ×

 

 

-3 残念  答えはでした。

墜落の危険性がある箇所には、高さ85cmの手すりを設けるが、作業の必要上臨時に取り外す場合、危険を防止するための措置を講じる。

 

 

 

4、

打放し仕上げに用いるコンクリート型枠用合板は、直射日光に当て、十分に乾燥させてから保管した。

 

  1. ×

 

 

-4 残念  答えは × でした。

コンクリート型枠用合板は、直射日光に当たると、セメントの硬化を妨げる成分が増大し、コンクリート表面の硬化不良の原因となる。また、乾燥により反り等の変形が生じるため、直射日光を受けないように、シート等で覆い保管する

 

 

 

5、

フラッシュ戸は、立てかけて保管した。

 

  1. ×

 

-5 正解  答えは × でした。

フラッシュ戸の保管は、同じ寸法ごとに框・棧の位置をそろえ、製品には均等に力がかかるように平積みとする。JASS 16

 

 

6、

高さ5.0m以上の鉄骨造の骨組の組立て作業には、作業主任者を選任した。

 

  1. ×

-6 正解  答えはでした。

高さ5.0m以上の鉄骨造の骨組の組立て作業には、作業主任者を選任する。

 

 

7、

スレート葺屋根の上で作業するので、幅30cmの歩み板を設け、防網を張った。

 

  1. ×

-7 正解  答えはでした。

スレート葺屋根の上で作業するので、幅30cmの歩み板を設け、防網を張る等危険を防止するための措置を講じる。

 

 

8、

高さが2mの作業場所からの不要資材の投下については、投下設備を設けないで行った。

 

  1. ×

 

 

-8 正解  答えはでした。

高さ3m以上の高所から物体を投下するときは、適当な投下設備を設けなければならない。

 

 

 

9、

高さが1.5mを超える箇所における作業については、安全に昇降するための設備を設けた。

 

  1. ×

-9 正解  答えはでした。

高さが1.5mを超える箇所における作業については、安全に昇降するための設備を設ける。

 

 

10、

単管足場における建地の間隔は、けた行方向を1.9m、はり間方向を1.6mとした。

 

  1. ×

 

 

-10 残念  答えは × でした。

単管足場の建地の間隔は、桁行1.85m以下、はり間1.5m以下とする。