読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTRラボ

NZ 日本 自分が気になることやデザインのことなど 1986年産まれ

Builder Leaning#17 スマートハウスについて調べてみた

NZでもじわじわ人気の出て来ているスマートハウスについて調べてみた。

 

スマートハウスとは

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅。 具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。

 

f:id:ktrnewzealand:20160914184443j:plain

家で使われる家電、設備をすべて管理・コントロールできる環境にやさしい家 というかんじでしょうか。

 

調べてみると自分が思っていたよりもテクノロジーは進んでいる印象ですね。

これはSamsungが去年発表している内容ですが、基本家の家電でコントロールバイスと互換性があるものであればコントロールできるようですね。

 

テレビ、窓の開閉、ブラインド、照明、ドア、洗濯機、冷蔵庫、ルンバ、ガレージドアなどなど

中でも驚いたのは車ですね。Puck me upと時計に話しかけるだけで自動でガレージからでて家の前で待っていると。

 

今年のAuckland Home Showにもこのスマートハウスのシステムの会社の出店も増えてきている印象です。

ただ実際の現場の声を聴いていると、まだなかなか浸透できていない印象を受けます。

要因として考えられるのは

 

・デザインのオプションがあまりない。

・デバイスを同一ブランドで統一しなければいけない。

 

これらのディスアドバンテージを克服するようなプロダクトが出てくると爆発的に人気になる可能性を秘めていますね。

Appleもios10にデフォルトアプリとしてHOMEというスマートハウス向けのインターフェースを追加しましたし、今後はなるのも時間の問題かもしれません。

 

なんか行き過ぎ感も否めませんが、個人的にはアナログよりもエネルギー効率がよく環境にもやさしく、光熱費も抑られて、便利というサービスであれば悪いところはないと思います。

ユーザーが増えれば開発側ももっと本質的にユーザー寄りのサービスを提供できるようになるでしょうし。

 

映画のなかだけの存在だった近未来の世界もそう遠くないですね。

コブラのような世界になるのは個人的には少し楽しみです。

f:id:ktrnewzealand:20160914192038j:plain

 

未来は明るい!