読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTRラボ

NZ 日本 自分が気になることやデザインのことなど 1986年産まれ

Builder Learning#8 Window and Door framing 開口部のフレーミング

今日は窓とドアのフレーミングの詳細について。

 

まず、窓やドアに関しては専門業者が枠が付いた状態で作ってくれます。

 

ビルダーワークとしてはその出来上がった状態の窓やドアに合わせて開口部を準備し、設置する。

そしてその開口部の準備や設置に少しポイントがあります。

 

建物内側から見た詳細。

f:id:ktrnewzealand:20160819200936p:plain

 

建物外側から見た窓の詳細。

f:id:ktrnewzealand:20160819201327j:plain

特に注意する点は、

・サッシの外サイズと開口部のtrim size

・フラッシング

・ジャムの水平、垂直

 

オーダーの時点で認識に違いがないように業者と上記の点を確認し、最終の収まりがどうなるか確認んがとれた段階でOKを出すようにしないと結構ミススすることが多いです。

業者任せにしてしまうと、間違ったサイズで来ても責任を取るのは窓業者ではなく確認しなかったビルダーのせい。となりますので笑

そこからオーダーしても早くて5週間などざらにあります。

本当かどうかはわかりませんが、窓業者はいつもbusyだと言います。笑

 

新築の場合は窓に合わせて開口部を一から作るのであまりオーダーミスはありませんが、改築の場合に既存の開口部に合った窓をオーダーするためサイズ感はかなり重要になってきます。

 

まぁちゃんと頭にイメージがあってそれをちゃんとした形で相手に伝えれば問題はないでしょう!

窓で家の印象は大きく変わります。新しくかっこいい窓をインストールし、家に命が吹き込まれるようなあの感じが自分は好きです。

 

未来は明るい!