読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTRラボ

NZ 日本 自分が気になることやデザインのことなど 1986年産まれ

Builder Learning#6 Wall framing basics 壁のフレーミング

今回は壁のフレーミングに関して。

 

NZでは基本的にアメリカと同じ2x4(ユーバイフォー)工法です。

 

アメリカでは木材のサイズは2"x4"= 38mm x 89mmです。

しかし実際の2"は50mmです。

なので木材を実際のインチにあわせると50mm x 100mm。

 

この理由は1940年代の建築ラッシュ以前には50mm x 100mmの木材を使っていたそうです。しかし住宅供給の増加で木材不足が発生したので元の規格よりも小さくし木材不足を軽減した。という歴史があったそうです。

詳しくはこちら。

2×4工法

 

NZはアメリカと違い45mm x 90mmが2"x4"の規格になります。

Rough sawn(のこ引き仕上げ)は50mm x 100mm。

Mchine gauge(機械仕上げ)は45mm x 90mmになります。

 

基本的に林業が盛んで木材がふんだんにあるからでしょうか。おそらく。

 

 

これらが壁のフレーミングの概要になります。

f:id:ktrnewzealand:20160816200616p:plain

Top plate...A member on top of a stud wall on which joists rest to support an additional floor or to form a ceiling.

 

Studs...A vertical member of appropriate size (2" x 4" to 4" x 10") (or 50 mm x 100 mm to 100 mm x 250 mm) andspacing (16" to 30") (or 400 mm to 750 mm) to supportsheathing or concrete forms.

 

Clipple studs...In construction framing, members that are less thanfull length; for example, studs above a door or below a window.

 

Diagonal brace...A member installed at an angle to make a rectangularframe more rigid.

 

Header (or Lintel ) ...A horizontal supporting member, installed above an opening such as a window or a door, that serves to carry the weight of the wall above it.

 

Bottom plate...A member on bottom of a stud wall.

 

やはりこのようなフレームの構造を見るとワクワクしますね。

現場の匂いがして、『男の仕事』という感じがします。

 

次回はWal framing 続編 Corner post, Door and Window opening

 

 

未来は明るい!!