読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTRラボ

NZ 日本 自分が気になることやデザインのことなど 1986年産まれ

Builder Learning#4 Septic tank(汚水処理タンク) について

Learning

今回はSeptic tankに関して。

 

日本ではなかなか馴染みのないこの排水システム。

NZでは結構あるんです。

 

わかりにくいと思うのでざっと説明します。

 

f:id:ktrnewzealand:20160808172800j:plain

 

生活排水を一旦地下のタンクに貯めて、バクテリアに作用によりScum(浮きクズ)とLiquid sewage(汚水)とSludge Solids(沈殿)に分解させてから排水へと排出するシステム。

 

そもそもこのシステムにする利点は?

 

・環境に優しい=バクテリアによる下水処理なので、不必要な科学物質による処理が必要なくなる

・インストール費用が安い

・水道代が削減できる

 

詳しくはこのリンクに書いてるので、もっと知りたい方はこちら

 

 

環境先進国であるNZでは一般家庭でもけっこうSeptic tank systemを導入しています。

 

 

今日はこのSeptic tankの実際のインストールに関して。

このシステムを導入する場合、Drainage companyに依頼することになります。

 

日本では地方自治体の定める指定排水設備工事事業者でなければ工事自体できないみたいですね。

東京都指定排水設備工事事業者

 

NZでは通常の一般企業が家のオーナーの依頼によって普通に工事します。

 

基本的には穴を掘って、タンクを埋めて、パイプをつなげる。

これだけなんですが、各ステージでいくつかポイントがあります。

 

基本的には『勾配』と『インスペクション(監査)』が重要です。

 

 

1, Comply with state and county health regulations and obtain any required permits.

工事前に国の法令などに従って必要な許可を取る。

f:id:ktrnewzealand:20160808181516j:plain

・建築に関してNZでは日本よりも細かく建築許可が必要になります。

なんか変なところが細かったり、意外なところが大雑把だったりとなかなか大変です。

 

またその現場の状況によって条件もそれぞれ違うので、Septic tankに関してもその都度、対応する市の役所(city council)に行き、やりたい工事に必要な書類や申請内容を確認する必要があります。

 

2, Plan for the flow to go downhill, as this is exactly what a gravity fed system is all about.

重力に逆らわず、流れが下方に行くようにラインをプランニングする。

f:id:ktrnewzealand:20160808182204j:plain

まさに重要ポイント『勾配』ですね。

逆に傾斜地にある現場などで排水が上方にしかない場合、septic tankからポンプで汲み上げて上方へ流す場合もあります。

 

3, Excavate a hole large enough to set the concrete aerobic tank below ground.

タンクの下にコンクリを敷く必要があるので、少し大きめに穴を掘る。

f:id:ktrnewzealand:20160808182500j:plain

 ここでよく起きがちなミスとして、タンクの容積と同じ立米数で土撤去の依頼をすると、その計算よりも多く土が出てしまうことになります。

タンクの容積よりも多く土が出ることに注意。

 

4, Place (in most jurisdictions) "inch-and-a-half washed drain rock" from a nearby gravel pit around the pipe.

パイプの周りには1.5インチの洗った石(規定のもの)を使う。

これは パイプの位置を安定させるためです。

f:id:ktrnewzealand:20160808182733j:plain

 

5, Install a pump chamber after the septic tank.

ポンプのための空洞(pump chamber)をインストールする。

j浄化された排水を排水パイプへ送るためにここでパンプします。

f:id:ktrnewzealand:20160808183203j:plain

 

6, Cover the tank and pressurized lines once the inspector has given his final approval and the system is activated.

f:id:ktrnewzealand:20160808185626j:plain

Back fillしタンクを埋め、最終的な専門インスペクターの許可をもらう。

ここで受理してもらうために、開始前の段階で専門家の意見を聞き自分のプランで問題ないか確認しておく。というアクションが必要になります。

 

例えば全て作業が完了しても、ここでFailedするとまた最初から全てやり直しになってしまいます。

そのあたりはNZは結構厳しいです。

 

ということで今日はSeptic tankの設置に関して少し詳しく説明しました。

 

正直言って、ここまで知ってなくてもseptic tank systemやsewerage systemの工事は問題なく進みます。

しかし、知っていながら依頼するのと何も知らずに依頼するのでは何か問題が起きた場合のリカバリーに大きく差が出てきます。

 

Project managementはリカバリーセンスが命。

 

未来は明るい!!